CSOneの特徴

CRM+ERP
フィールドサービス業務に特化した業務支援システム

お客様からの問合せを受けて、顧客、納入・設置場所、機器、受付内容等のサービス依頼情報を登録します。受付後にお客様とやり取りした各種情報を、対応履歴として記録することができます。

モバイル端末・電子サイン・音声認識・GPS

モバイル端末により、フィールドサービスマンや営業マンが現場から情報共有することが可能に。
電子サイン機能にて、その場でお客様から完了サインをいただくことができ、ペーパーレスも実現します。
モバイル端末の音声認識技術により、長文の修理報告内容の入力が容易になります。
またGPS機能とも連携可能なため、保守員の位置情報を容易に把握できます(*位置情報取得アプリをインストールいただきます。Android端末版のみご提供)。

クラウドシステム

インフラ・ミドルウェア・アプリケーションの全てがクラウドのマルチテナントシステムです。バックアップ・セキュリティ対策・冗長性を担保します。

端末へのソフトのインストールが不要なので、システム変更の際のユーザ様の負担も軽減されます。

※プライベートクラウド環境での”専用サーバ”構築もご相談可

高い柔軟性

ユーザ様向けUIで画面項目の設定等が可能です。各種クラウドサービスと連携するAPIを備え、環境の変化に応じてシステム変更できます。
また、3ユーザからスモールスタート可能なシステムです。

アドオンモジュール・
追加開発

マルチテナントクラウドサービスですが、テナント毎のカスタマイズが可能なシステムです。アフターサービス業務プラスアルファの業務機能モジュールも提供可能です。

開発実績例

  • 原価計算
  • 与信管理
  • 複雑な見積登録画面 など

他システムとの連携

クラウドサービスとしてのCSOneは、他クラウドサービスと連携して、より高い価値をユーザに提供することができます。
また既存システムとの連携も構築できます。

連携例

  • Web FAX
  • CTI連携
  • スケジュール連携(例:Office365)
  • PowerBI連携
  • 各種既存システム連携

ビジネスの状況が一目でわかるダッシュボード

PowerBIとの連携で、受付件数推移、顧客別ランキング、仕掛状況等が一目でわかります。

IoT(M2M)によるメンテナンス / 設備保全

IoT基盤と連携し、機械・設備の稼働状況から、適切な整備提案が可能になります。
自社設備の予防保全だけでなく、お客様に納品した機械・設備のリアルな状態を把握できます。

こんなお客様に最適です

CSOneは、国産の修理・保守サービス業務管理システムです。
業務形態や業種は問わず、修理保守サービス業務に標準的に必要とされる業務機能を備えております。

業務形態主要機能
スポット
サービス
出張修理/
設置サービス
  • 案件管理、履歴管理
  • 作業報告の電子化・電子サイン
  • 作業員ディスパッチ、スケジュール管理
  • 協力業者管理
  • 顧客とロケーション情報の管理
預り修理
  • 案件管理、履歴管理
  • 見積、作業報告、請求等の伝票処理
機器・契約管理と定期点検
  • 契約情報管理(SLA、点検計画、定期請求)
  • 機器・施設毎の定期保守/点検項目設定と結果報告
保全計画
  • サービスBOMと消耗部品管理
  • 顧客への保全提案
販売管理
  • 見積・受注~売上計上、請求書発行、入金消込
  • 発注・検収~仕入計上
  • 部品手配と在庫管理
  • 顧客・機器情報を一元管理して作業の効率化をしたい

  • 電子サインを活用してペーパーレス化したい

  • サービスマンのスケジュールを見える化したい

  • クレーム対応や修理の時間を短縮して営業に充てたい

  • 見積作業を効率化して対応スピードを改善したい

  • 点検項目の抜け漏れを予防し、品質を標準化したい

  • 予防保全計画を立てて、サービス収益を改善したい

  • サービス管理のシステムをすぐにでも利用開始したい

  • 自社独自開発を極力減らしてシステムを透明化したい

CSOneの導入効果

CSOneを導入することで、担当者間・部署間の情報共有がスムーズになり、保守員スケジュールの見える化、作業漏れ・作業滞留の防止、電子サイン機能によるペーパーレス化、データ出力や帳票作成の簡易化など、様々な導入効果に期待できます。

1

顧客カルテ:情報の一元管理・共有

各拠点が保有する顧客関連情報や機器・契約情報、修理対応状況などの情報を、共通の形式で共通の場所に格納するため、担当者間、部署間の情報共有がスムーズになります。
また機器別に故障回数や不具合製品の傾向がわかるので、品質保証部門へのフィードバックに加え、代替機の提案や保守作業の提案といったクロスセル・アップセルにつながります。

クロス/アップセルで売上
11%UP!
保守作業時間
6%DOWN!
2

保守員スケジュールの見える化

作業予定と作業状況が見える化されるため、次の現場に対応可能な要員をシステム上で検索し、特急案件などを隙間なく埋めることが可能になります。

また、保守員との電話確認が不要になるため、サービス受付時に、訪問可能要員や日時を素早く把握し、お客様をお待たせすることなく訪問のお約束が可能になります。
過去履歴を素早く確認でき、受付段階でも最適なお客様対応が可能になります。

アイドル時間減少で売上
14%UP!
3

保守・リプレース提案

  • 試運転から2年経過後に保守契約を提案、10年後にリプレース提案など、設置機器の状態を管理し、タイムリーに営業活動。
  • 経過期間(時間基準保全)や稼働状況(状態基準保全)に応じた予防保全。
  • 保守契約を管理し、サービス漏れを防止。サービスの有償・無償判断も容易になります。
4

報告書の電子化・ペーパーレス

スマートフォンやタブレット端末にて、移動中や現場でも顧客関連情報や修理履歴等を把握したり、見積、作業報告の登録・更新が可能です。音声認識技術にて長文の報告内容の入力も容易になります。
また電子サイン機能により、現場でお客様サインを受領できるため、紙ベースの運用から解放されます。作成した帳票はCSOneのボタン操作で、顧客向けにメール・FAX配信可能です。

保守作業時間
10%DOWN!
  • 1案件当りに要する作業報告時間12m/件を5m/件に削減
  • 直行直帰可能→通勤時間1hr削減
5

ERP:販売管理・調達管理

案件の発生から、見積提示、受注、請求、回収に至るまでを管理します。 案件に紐付けた伝票ステージの管理が可能で、見積済・未回答案件や、作業漏れ案件、未入金案件等を俯瞰的に把握できます。 部品や協力業者への発注・承認業務、仕入計上・出金を管理し、在庫管理も可能です。

豊富な検索条件で各種データの検索・一覧表示やデータ出力ができるため、他システムとの連携やデータ分析に活用できます。一覧表示画面では、ソート機能や一覧表示項目の設定が充実しています。また、見積書、作業報告書、請求書等の各種帳票の印刷やデータとしての出力が可能です。

選べる利用形態
「パブリッククラウド(SaaS)」&
「プライベートクラウド」

CSOneの利用形態には、当社提携のクラウドサーバ経由でご利用いただく月額利用料制の「パブリッククラウド(SaaS)」タイプと、CSOneを独自環境にインストールしてご利用いただく「プライベートクラウド」タイプがあります。

パブリッククラウドタイプ

1. システム管理が不要

サーバ・ソフトのシステム運用管理の手間とコストから解放されます。また、お客様のデータはデータセンタで厳重に管理されるため、災害等の万一の際にも安心です。

2. 初期投資を抑え、利用規模に応じた利用料制

新たにサーバやアプリケーションを購入する必要がなく、従来のパッケージ型と比べて、初期投資を抑えることができます。
また、ユーザ数等の利用規模に応じた月額利用料制なので、事業環境の変化に柔軟に対応することが可能です。

3. 定期的なバージョンアップ

CSOneは定期的にバージョンアップし、要望の多い機能を順次システムに盛り込んで参ります。SaaSタイプでは、バージョンアップ機能もご利用いただくことができます。

4. 個社要件カスタマイズ

SaaS版でも、新機能の追加、外部システムとのインタフェース等、様々なカスタマイズが可能な構造です。

5. 万全・柔軟なサポートで安心

操作方法などお困りの際のサポートは、月額利用料に含みます。※内容によっては有償となる場合がございます。

プライベートクラウドタイプ

1. 情報セキュリティ上のポリシー等でSaaS不可のお客様

情報セキュリティ上のポリシー等でSaaS利用不可の場合、プライベート環境にCSOneをインストールすることも可能です。
※ただし200ユーザ以上のライセンスとサーバ費用・サーバ保守費が別途必要です。

2. 初期投資を抑制

CSOneは、修理保守サービス業務の標準的な機能を搭載したWebシステムです。スクラッチ開発に比べ、イニシャルコストを大幅に抑えることができます。

3. 導入期間を短縮

CSOneをパッケージ導入する場合、CSOne標準機能を流用しつつ、不足機能のみを開発することになるため、サービスインまでの期間を大幅に短縮できます。

推奨動作環境

OSMicrosoft Windows 10 以降
ブラウザGoogle Chrome
Edge
safari
スマートフォン/タブレットiOS, Android
必要なソフトAdobe社 Adobe Reader(Acrobat Reader)
※帳票印刷時に必要