設備保全・保全計画

CSOne設備保全ソリューションでは、顧客に納入した機器だけでなく、自社設備の機器に対しても予防保全を管理します。各機器に対して設定できる予防保全基準を基に保全計画を立案し、予実管理を行います。

保全計画・定期整備

該当機器の設置日などを基準に、運転データを加味して、将来の保全や整備のタイミングを計画します。
保全作業内容とそのサイクルは、機種毎にマスタ管理されます。保全タイミングの計画ロジックは、標準稼働時間、標準走行距離といった各種運転データを使用することもできますが、実績運転データの基づいた計算も可能です。
各機器の保全実態とシステム運用などを鑑み、最適な予防保全スキームを構築、ダウンタイムを削減します。

保全チェックリスト

保全対象機器に対して、事前に保全作業内容を定めることができます。各保全タイミングで使用する整備部品表の管理も可能です。
また、様々な機種の点検報告書の出力が可能です。

保全計画表

対象機種毎に、将来の保全計画を俯瞰的に確認できます。保全計画に対する予実管理は、実施有無に加え、金額ベースでの把握も可能となります。