IoT

IoT (M2M)による自社設備、お客様納品機器のメンテナンス / 設備保全を実現します。

運転データをリアルタイム管理

ゲートウェイを介して発信される機械・設備の運転データをCSOneで管理できます。
予防保全で利用する運転時間や走行距離等の稼働データだけでなく、異常・警報などさまざまな情報を管理することができます。

screen9-1

運転データを活用した予防保全計画

CSOneで管理する各機器情報に整備サイクルを設定し、現在の稼働状況から、適切な保守タイミングを計画し、機械・設備のユーザに提案することができます。

screen9-2