人工知能(AI)の活用領域

アフターサービス・フィールドサービス業務における、人工知能(AI)の活用領域とは…


アフターサービス・フィールドサービス業務における、人工知能(AI)の活用領域について

アフターサービス業務、フィールドサービス業務において、人工知能(AI)を活用する業務領域として以下が挙げられます。


  1. 予兆検知

  2. 各マシンからリアルタイムで収集されたビッグデータをAIが解析し、異常の予兆を検知します。
    Just In Timeでパーツの調達や、メンテナンスを実施することが可能になります。

    これにより、マシンのダウンタイムを削減し、サービスの高付加価値化をもたらします。


  3. ディスパッチ・スケジューリング最適化

  4. AIにより、サービスマンのスキルや現在位置などからディスパッチを自動化・最適化します。
    また、パーツ在庫、作業のリードタイム、天気情報や渋滞情報に基づいた最適な移動ルート及びその移動時間などから、スケジューリングを自動化・最適化します。

    これにより、サービスマンのアイドリングタイムを削減し、初回修理完了率を向上させます。


  5. サービスマンサポート

  6. 画像解析により症状を診断し、類似過去履歴や解決策をAIがサービスマンに提案します。
    ARを活用した作業支援や、SV(スーパーバイザー)による遠隔技術指導が可能となります。
    また、チャットボットによりサービスマンを支援することも可能です。

    これにより、標準化・体系化されたノウハウ・スキルを習得可能となり、サービスマンの作業品質やスピードが向上します。

  7. カスタマーサポート

  8. チャットボットがサービス依頼の受付や、サービスマンの出動状況、日程調整などの顧客からの問い合わせに自動回答します。
    さらには、顧客自身で問題に対処し、解決することも可能となるのです。

    これにより、顧客体験(CX)が向上します。

    関連記事