SaaSとは

SaaS(サース)とは

新しいシステムの利用形態「SaaS」

・サーバやネットワーク機器などのハードやソフトを購入する必要なし

・インターネットに接続できるパソコンがあれば、すぐに利用可能

・システムを利用するには、利用規模に応じた利用料を支払うだけ

SaaSのメリット

●簡単に利用できる

従来のパッケージ型のソフトでは、一般的に、個々のパソコンにソフトをインストールする必要があるのに対して、SaaS型のソフトでは、インターネットに接続できる環境があればすぐに利用を始めることができます。

●初期投資を抑えることができる

SaaS型のソフトでは、新たにサーバやアプリケーションを購入する必要がないため、従来のパッケージ型と比べて、大幅に初期投資を抑えることができます。

●手軽に利用できる

SaaS型のソフトでは、一般的には、ユーザ数等の利用規模に応じて、月額で利用料を支払って利用でき、また利用をやめたいときはいつでもやめられるため、低リスクで手軽に利用でき、事業環境の変化に柔軟に対応することが可能です。

●オフィス外でも利用できる

Webベースのソフトであるため、インターネットに接続できる環境があれば、パソコンに面倒な設定は不要で、簡単に利用することができます。

●システム管理コストが不要

従来のパッケージ型のソフトでは、自社でITの専門知識を持った要員による、システム運用管理が必要ですが、SaaS型のソフトでは、サーバ等のシステム運用管理が不要であるため、ITの専門知識が無い方でも簡単に導入できるだけでなく、システム管理コストを抑えることができます。

●安心/安全な環境

SaaSの型ソフトでは、データはすべて厳重な管理体制のもとにあるデータセンターで保管、管理しているほか、万一の震災等に備え、データのバックアップ体制なども整えられています。

SaaS型修理・保守サービス業務ソフト

修理・保守・メンテナンスサービス業務を行っている中堅・中小企業様向けのSaaS型Webソフト、それが「CSOne(シーエスワン)」です。詳しくはこちら

修理・保守サービス業務を強力にサポート

CSOneは、修理・保守サービス業務に必要な基本機能はもちろん、運用されるお客様のニーズを満たす様々な機能を備えています。詳しくはこちら