CSOneとは

CSOne(シーエスワン)とは・・・

Web型 アフターサービス業務支援システム

システムイメージ

修理・保守サービス業務を管理するWebシステムです。

複数拠点やオフィス外でも、いつでもどこでも利用できます。情報伝達・共有がスムーズになります。

タブレット端末・スマートフォン端末でご利用いただけます。

フィールドサービスマンや営業マンが現場から情報更新・共有可能です

電子サイン機能を搭載しています。

現場で作業報告入力し、その場でお客様から完了サインをいただくことができます

GPS位置情報アプリケーション機能を搭載しています。New

フィールドサービスマンや営業マンの位置情報や作業状況、現場への移動が早い順位を地図上で確認できます。

画面1_z

CTI連携が可能です。

CTI連携により、お客様から電話を受電した際に、顧客情報、機器情報、過去履歴、契約情報などを自動的にPOPUP画面で起動することができます。

■プロジェクト型ビジネス管理システム「PMOne」と連携。New

「PMOne」と連携することで、工事施工から保守までの一連のサイクルを管理します。(2015年6月17日リリース)
※「PMOne」の詳細についてはこちら

■ビジネスの状況が一目でわかるダッシュボード機能New


screen8-2

どんな業務に向いている?

CSOneは、国産の修理・保守サービス業務管理システムです。
業務形態や業種は問わず、修理保守サービス業務に標準的に必要とされる業務機能を備えております。

対象業務

 

選べる利用形態:「クラウド(SaaS)」&「オンプレミス」

CSOneの利用形態には、当社提携のホスティングサーバ経由でご利用いただく月額利用料制の「クラウド(SaaS)」タイプと、CSOneを独自環境にインストールして必要なカスタマイズを加えてご利用いただく「オンプレミス」タイプがあります。

■「クラウド(SaaS)」タイプ

1) 手間なくスピーディに利用開始

サーバやソフトのインストールが不要です。インターネットに接続できるパソコンがあればすぐに利用が可能です。

2) システム管理が不要

サーバ等のシステム運用管理の手間とコストを削減できます。また、お客様のデータはデータセンタで厳重に管理されるため、災害等の万一の際にも安心です。

3) 初期投資を抑え、利用規模に応じた利用料制

新たにサーバやアプリケーションを購入する必要がないため、従来のパッケージ型と比べて、大幅に初期投資を抑えることができます。
また、ユーザ数等の利用規模に応じて、月額で利用料を支払って利用でき、また利用をやめたいときはいつでもやめられるため、低リスクで手軽に利用でき、事業環境の変化に柔軟に対応することが可能です。

4) 定期的なバージョンアップ

CSOneは定期的にバージョンアップし、要望の多い機能を順次システムに盛り込んで参ります。SaaSタイプでは、バージョンアップ機能もご利用いただくことができます。

5) 万全・柔軟なサポートで安心

操作方法などお困りの際にも、無料でしっかりサポート致します。初期データのセットアップや他システムとの連携等についても支援いたします。※内容によっては有償となる場合がございます。

■「オンプレミス」タイプ

1) 個社要件カスタマイズ

CSOne標準版をベースとして、新機能の追加、外部システムとのインタフェース等、あらゆるカスタマイズが可能です。
貴社ご要件に応じ、サーバ環境をご提案いたします。

2) 初期投資を抑制

CSOneは、修理保守サービス業務の標準的な機能を搭載したWebシステムです。スクラッチ開発に比べ、イニシャルコストを大幅に抑えることができます。

3) 導入期間を短縮

CSOneをパッケージ導入する場合、CSOne標準機能を流用しつつ、不足機能のみを開発することになるため、サービスインまでの期間を大幅に短縮できます。

推奨動作環境

OS

Microsoft Windows XP 以降

ブラウザ

Internet Explorer 8 以降
Google Chrome

スマートフォン/タブレット

iOS, Android

必要なソフト

Adobe社 Adobe Reader(Acrobat Reader)
※帳票印刷時に必要

修理・保守サービス業務を強力に支援

ディスパッチや作業報告、保守契約管理等、修理・保守サービス業務に必要な基本機能を備え、最先端のモバイル技術(電子サイン、GPS等)でアフターサービス業務を支えます。詳しくはこちら
CSOneの利用形態は、クラウド(SaaS)タイプと、定番のオンプレミス(パッケージ販売)タイプから選択いただけます。SaaSタイプは手軽に簡単に利用できる新しいシステムの利用形態です。そもそもSaaSとは何か、SaaSのメリットについて説明します。詳しくはこちら