利用規約

アプリケーションサービス利用規約

第1章 総則
第1条(目的)
リブランビジネスシステム株式会社(以下「当社」という)はアプリケーションサービス利用規約(以下「本規約」という)を定め、これに基づきアプリケーションサービス(以下「本サービス」または「サービス」という)を提供します。お客様は本規約を遵守して本サービスを利用するものとします。

第2条(定義)
本規約において、次の各号の用語の意味はそれぞれ次の通りとします。
(1)「お客様」とは、当社の承諾により本規約に基づく契約が成立した法人または個人をいいます。
(2)「利用者」とは、ユーザーIDで認証された本サービス利用者をいいます。
(3)「ユーザーID」とは、本サービスを利用するに当たって発行される利用者認識番号をいいます。

第3条(基本契約性)
お客様が本サービスの複数種別を利用する場合は、個々のサービスに本規約が適用されます。
2.当社は本規約のほかに必要に応じて別規約を定めることがあります。この場合、別規約に特に断りがない場合は本規約の適用も受けるものとします。
3.当社は、お客様の承諾を得ることなく本規約を変更できるものとし、お客様は変更された最新の本規約に従うものとします。
4.前項の変更について、当社は、当社の選択する通知方法にてお客様に通知することとします。また発信によりその通知の効力が生ずるものとし、通知が到達しない場合であっても、変更後の本規約が適用されるものとします。

第4条(サービス種別)
利用料金およびサービス種別は別紙(申込書)の通りとします。但し、利用料金については、第19条の適用があるものとします。

第2章 契約
第5条(申込・契約成立)
本サービスの利用を希望する場合、当社が指定する方法で申込を行うこととし、当社がこれを承諾した時点で契約が成立することとします。
2.申込に対して当社が承諾する場合において、契約日は本サービスのユーザーID発行日とします。
3.契約成立は当社からお客様に、本サービスのユーザーIDを交付することによって通知します。
4.次の場合には申込を承諾しないか、承諾を取り消す場合があります。
(1)当社から送付した書類が宛先不明で返送されてきた場合
(2)第16条に該当すると判明、もしくは過去に該当した事実があった場合

第6条(契約期間および更新)
本サービスの利用開始日は、本サービスのユーザーID発行日とします。
2.お客様の最短有償利用期間は1ヶ月となります。
3.第11条による契約終了がない場合、1ヶ月ごとに利用期間が自動更新されます。

第7条 (管理者の選任)
お客様は、必ず管理者を選任し、当社に通知しなくてはなりません。
2.管理者は、特定の個人で、本規約に定められた管理責任を負います。
3.当社は管理者へ通知する事でお客様への通知と同等の効果があるものとみなします。

第8条 (変更届け出)
次の各号のいずれかに該当するときは、お客様は速やかに変更内容を当社が定める方法で届け出る義務を負います。
(1)住所もしくは所在地を変更しようとするとき
(2)商号もしくは屋号を変更しようとするとき
(3)代表者もしくは事業主を変更しようとするとき
(4)電話番号もしくは管理者のe-mail アドレスを変更しようとするとき
(5)決済方法や決済に必要な諸届けの内容を変更しようとするとき
(6)管理者や管理者への連絡先を変更しようとするとき
2.当社が必要と判断する書類がある場合、お客様は当該書類を提出しなくてはなりません。
3.お客様は、第16条14号または15号のいずれかに該当する場合、または該当する恐れがある場合、当社に速やかに届け出る義務があります。

第9条(試用版)
本サービスが試用版である場合、当社が別に定める利用可能期間内において本サービスを利用することができます。
2.試用版を利用中のお客様が、第5条に定める手続きに従って、利用可能期間中に申込手続きを行なった場合は、継続して本サービスを利用することができます。
3.本サービスが試用版である場合、以下の条項は適用しないものとします。
第6条、第11条(第3項を除く)、第10条、第19条、第20条、第21条、第22条

第10条 (ユーザーIDの追加・解約)
お客様は、必要とするユーザーID数を随時、当社が指定する方法で申込みをする事ができます。 ただし、第16条に該当する事実があった場合はこの限りではありません。
2.利用開始日は申込によるユーザーID発行日とみなし、利用開始日の翌月1日が課金開始日となります。
3.お客様は、個別のユーザーIDについて、当社が指定する方法で利用終了の申込みをする事ができます。

第11条 (サービスの解約)
お客様は、本サービス利用期間中何時でも本サービスを解約できるものとします。
2.本サービスの利用を終了したい場合は、お客様は当社が指定する方法により手続きを行うこととし、当社へ書面で届け出ることとします。20日までに書面が当社に届いた場合のご利用は当月末日にて終了し課金対象期間は当月まで、21日以降に書面が当社に届いた場合のご利用は翌月末にて終了し課金対象期間は翌月まで、となります。
3.前項により契約を終了する場合、及び第9条に定める試用版の利用可能期間満了の場合、当社は契約終了及び利用可能期間満了の翌月末日までにお客様または利用者が本サービス利用時に登録した全データを消去することとし、お客様または利用者に対するデータの提供について当社は応じないものとします。
4.お客様からの書面に不備がある場合は、本サービスの契約終了日が遅れる場合があります。

第12条(譲渡・質入・再販の禁止)
お客様は、本サービスの提供を受ける権利ならびに本規約上の権利の全部または一部を、当社の許可なく他に譲渡・質入および再販売することを禁じます。

第3章 サービス停止
第13条 (利用停止)
第14条から第16条の各条項のいずれかに該当する場合、当社は本サービスの一部または全部の提供を停止する事があります。提供停止に伴い、お客様または利用者に損害が生じても当社は責任を負いません。

第14条 (事前通知事項)
当社が必要と認める保守、点検または整備がありサービス停止を行う場合、当社はサービス停止の1ヵ月以上前にお客様または利用者に事前通知を行います。通知方法は当社が選択し、通知の発信によりその効力が生ずるものとし、通知がお客様または利用者に到達したか否かはその効力に影響がないものとします。

第15条 (通知事項)
次の各号のいずれかに該当する場合、当社はお客様または利用者に通知を行います。また、この場合、前条の規定にかかわらず、サービス停止を行うことの通知は必ずしも事前に行う必要はないものとします。通知方法は当社が選択し、通知の発信によりその効力が生ずるものとし、通知がお客様または利用者に到達したか否かはその効力に影響がないものとします。
(1)申込書類または提出書類に不備がある場合
(2)住所、電話番号、管理者等申込書の記載内容に変更があり、変更の手続きが行われていない場合
(3)本サービスを提供するために必要な装置またはシステムの保守、点検または整備を緊急に行う必要がある場合
(4)コンピューターウィルス感染防止の手段として、サーバーまたは周辺設備の停止が必要と当社が認めた場合
(5)当社が設備管理委託をしている業者、または当社サービスを利用するにあたり必要となる設備を管理する業者の責によるサービス停止について、当社宛に事前に連絡がない場合

第16条 (無通知事項)
次の各号のいずれかに該当する場合、当社はお客様および利用者に通知を行わずサービス停止、その他必要とされる手段をとる事ができます。
(1)お客様が虚偽の届出をした場合
(2)当社または第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害する行為があり、あるいはその恐れのある場合
(3)当社または第三者の著作権、その他知的所有権を侵害する行為があり、あるいはその恐れのある場合
(4)当社または第三者のシステム、またはデータの滅失、損壊、盗用行為があり、あるいはその恐れのある場合
(5)お客様の債務が履行されない場合、または信用状態が著しく悪化し、債権未回収の恐れがあると当社が認める場合
(6)ID、パスワードの不正使用がある、またはその可能性が高いと判断される場合
(7)違法行為あるいは違法行為をそそのかしたり容易にさせたりする行為、またはそれらの恐れのある行為が認められる場合
(8)当社の本サービス提供を妨害する行為、あるいはその恐れのある行為が認められる場合
(9)第三者の本サービス利用を妨害したり支障を与えたりする行為、あるいはその恐れのある行為が認められる場合
(10)本契約に違反した場合
(11)大規模災害等による不可抗力でサービス提供が不可能な場合
(12)お客様が所在不明もしくは連絡不能の場合
(13)通信回線業者等の設備保守・工事、回線障害、天災等によるやむを得ない事由の場合
(14)お客様の代表者が差押、滞納処分を受けた場合、または、破産の申立、保佐開始の審判、後見開始の審判を受けた場合
(15)お客様が破産、民事再生手続、会社更生手続、会社整理、特別清算の申立を行った場合、手形交換所の取引停止処分、差押、滞納処分を受けた場合
(16)その他当社が必要と認めた場合

第4章 サービス廃止
第17条 (廃止)
本サービスの一部または全部を当社は何時でも廃止できる権利を有します。

第18条 (廃止通知)
本サービスの一部または全部を廃止する場合、廃止する3ヶ月以上前にお客様または利用者に対して当社は通知を行います。通知方法は当社が選択し、通知の発信によりその効力が生ずるものとし、通知がお客様または利用者に到達したか否かはその効力に影響がないものとします。
2.当社が予期し得ない事由または法令、天災等の止むを得ない事由で、サービス廃止する場合において3ヶ月以上前の通知が不能な場合は、当社は事後に速やかにお客様または利用者に対して通知をしなくてはならないこととします。

第5章 利用料金
第19条 (課金基準)
サービスの利用料金は当社がパンフレット等によって告知する料金表に基づくものとし、ユーザーID単位で、申込の行われたサービスに応じて課金を行います。課金開始日はユーザーID発行日の翌月1日とします。
2.課金期間の途中で契約が終了した場合であっても課金の減額はありません。

第20条 (支払義務)
当社は、お客様に対し本規約に定める課金基準により求められた利用料金を請求し、お客様は当社の指定する方法で期日までに支払を行うものとします。
2.サービス停止中であっても課金の対象となりますが、当社の責に帰すべき事由で1日から当月末日の1ヶ月の間に延べ360時間(15日分に相当)以上サービス停止となった場合は、1ヶ月の利用料金の100%を減じます。

第21条 (支払期日)
利用料金は当月1日から末日まで課金分の支払期日を毎月20日とします。ただし、支払日が金融機関休業日の場合には翌営業日を支払日とします。
2.支払方法は、自動引き落とし口座からの引き落としまたは振込みになります。振込みの場合は請求書に定める期日までに支払いください。
3.第16条に該当する場合、契約者は期限の利益をただちに喪失し、当社に対する債務の全額を当社の指定する方法で一括して支払う事とします。

第22条 (遅延損害金)
遅延損害金については、支払期日の翌日を起算日とし、年14.6%の日割計算で算出する事とします。

第6章 管理
第23条 (IDおよびパスワード管理)
管理者はすべてのユーザーIDの管理に責任を負うものとし、ID、パスワードの漏洩により損害が生じても当社は責任を負いません。またお客様に貸与されたユーザーIDにより、当社または第三者に損害が生じた場合にはお客様が責任を負います。
2.当社からのサービス運営に関する通知および作業依頼は管理者に対して行います。
3.パスワードの管理権限はユーザーIDの利用権を与えられた本人と管理者と定め、当社はパスワード管理権限を持ちません。
4.以下の事由がある場合、当社がIDおよびパスワードの全部または一部の管理を行う事ができます。 ただし、その結果お客様に損害を生じても当社は責任を負いません。
(1)管理者から当社に管理者権限の代行を依頼された場合
(2)契約が終了した場合
(3)第16条に該当する場合または該当するおそれがあると認められる場合

第24条 (環境設定)
本サービスを利用する為に必要な端末および通信回線の準備、手配、購入および設定はお客様の責任と費用で行う事とします。

第25条 (データ保守)
お客様または利用者によるデータの滅失、漏洩、または本サービスで予定されている目的以外への使用があり、その結果発生する直接間接の損害について、当社は一切の責任を負いません。
2.当社は、当社設備の復旧に当てる為にデータの複写保管を行う場合があります。

第26条 (守秘義務)
当社は業務上知り得る情報の内、個人を特定できる情報を、本人の同意なしに第三者へ開示しません。 ただし、法令に基づく公的機関からの照会、法令によって当社が開示義務を負う場合はこの限りではありません。
2.当社は、次の各号の場合にのみ個人情報を利用するものとし、その他の目的には利用しません。
(1)当社内で請求書の発行等、管理上利用する場合
(2)当社内で使用する情報の収集分析に利用する場合
(3)当社のサービスを説明するために作成する資料の情報ソースとして利用する場合
(4)お客様が第15条または第16条の各号に定める事項に該当する場合
3.当社は契約終了後も本条の範囲内でお客様の登録情報を利用できるものとします。

第7章 雑則

第27条(業務委託)
当社は、本サービス提供に必要な装置、設備、通信回線およびシステムについて、その設置、管理、運用および保守などの業務の一部または全部を第三者へ委託することができます。当社は、業務の委託先に対し本サービスを安定して提供するように指導し、監督する責任を負うものとします。

第28条 (免責)
当社は利用者が本サービスを通じて得る情報・データの完全性、正確性、確実性、有用性等に関して、本規約に定められた事項以外は保証致しません。
2.当社は本サービスの遅滞、停止、変更、中止、廃止、または登録、提供される情報・データの喪失、流出に関連して発生したお客様の損害について、本規約に定められた事項以外責任は負いません。
3.パスワードにより認証されたIDによる本サービスの利用は正規利用者の利用とみなし、事実上の利用者が誰であろうとその責任を当社は負いません。
4.当社の管理外である通信回線や当社設備に属さない設備の状態に当社は責任を負いません。

第29条 (損害賠償)
当社は、本規約上の義務の履行につき故意または重過失があるときに限り、損害賠償の責任を負うものとします。当社が損害賠償を負担すべき場合は、過去3ヶ月間に当該のサービス利用に関しお支払頂いた額を上限とします。
2.お客様または利用者が第16条に該当または本規約の違反により当社が直接および間接に損害を被った場合、契約が終了したか否かに拘わらず当社の算出基準による損害賠償請求に従ってお客様は損害賠償を行う義務が発生します。

第30条 (著作権等)
本サービスを提供する為に当社が作成するシステム・ソフトウェアの一部または全部については、当社が著作権(二次的著作物を作成する権利およびこれを利用する権利を含む。)を有し、お客様および利用者は、本規約で許諾されている範囲を越えてこのシステム・ソフトウェアを当社に無断で複製、改変、頒布、貸与のほか可能なあらゆる形式で利用してはいけません。また、お客様および利用者は、当社に無断で当社が保有する商標(サービスマークを含みます)を利用してはいけません。
2.お客様および利用者は、当社に無断で、本サービスを提供するために当社が作成するシステム・ソフトウェアの逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリングおよびこれに類する行為を行うことはできません。

第31条(サポート)
本サービスの利用に関する問い合わせは当社のヘルプデスクにて受け付けます。
(1)受付方法 電話またはメール
(2)受付時間 平日10:00~18:00(ただし祝日および年末年始を除く)

第32条 (合意管轄)
本サービス利用に関連して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則
1.本規約は、平成23年7月1日から実施します。